出会い系サイトで知り合ったBAR店員の男

何年か前の話だけど、出会い系サイトで異性の友人(あわよくば彼氏も・・・)を探して、不安な思いをするハメになった出来事がありました。これから出会い系サイトやアプリを使ってみたいなと思っている女性の為に、こんな特殊?な例もあるから気をつけて欲しいという意味を込めて、私の失敗談を書きたいと思います。

 

・知り合ったのは20代、BARの店員をしている男性でした

 

当時夜勤で働いていた私は、まわりの友人達とは生活リズムが合わず、同じ生活リズムで遊べる男性と仲良くなりたいなと思っていました。

 

出会い系サイトに登録した矢先に山ほどの男性からの通知をいただきましたが、その中で何人かとやりとりをしたのち、住んでる地域が近い男性と直に連絡をとり合うようになり、実際に会って遊ぶことになりました。その男性は20代、BARの店員をやっていて出勤時間が遅いので、1回目はお互いの出勤前にご飯でも食べようという約束をしました。

 

・来たのはBARの店員というかホストくずれのような人・・・。

 

ご飯を食べる約束をした当日、待ち合わせの場所に来たのは、ガリガリに細くて顔色が悪くて、いかにも自分で金髪にしましたって髪がガサガサに傷んでいる、ホストの底辺のような人でした。事前に写メ交換もしていたんだけど、本人に会って、写メの詐欺力がいかにすごいのかを知る事になりました(笑)

 

でも人を見た目で判断してはいけない、メールでやりとりしてた時は楽しい人だったから、話せばきっと楽しいんだろうって思ったんだけど・・・。食事をしながらお話してみたら、なんか挙動がおかしいというか会話がまったく噛み合わない。その時は「変な人だな」としか思わなかったけど、今思えば危ないお薬か何かをしていた人だったのかもしれません。

 

・1人でプリクラを撮って、それをちょうだいと言われる。

 

噛み合わない会話や挙動がおかしい事に危機感を感じた私は、予定よりも早く食事を切り上げてバイバイすることにしました。その時「プリクラ撮る時間ある?」と言われ、まぁ今日の記念ってヤツなのかなと思い、プリクラを撮るくらいなら・・・と承諾しました。しかし、いざプリクラの機械の中に入ったら「1人で撮ってそれをオレにくれる?」と言われ、内心ハァ!?と思ったけど、押しに負けて言われたとおりに1人で撮ったプリクラをその男性に渡しました。

 

その後バイバイして、以後私から連絡することもなかったのですが、男性からも連絡が来ることはありませんでした。1人で撮らされたプリクラは一体何に使われたのか。ただの彼のコレクションなのか、変なことに悪用されてるのか・・・押しに負けてそんな怪しい人の言う事を聞いた自分が悪いんだけど、しばらくは不安でたまりませんでした。

 

・・・と、まぁとくに直接的な被害があったわけでもなく、出会いとしても何の発展もなかった話なんですけど、出会い系で男性と知り合う時には変な事を言う人もたまにいるから、キチンと強い意志で断る勇気も必要だと思った出来事でした。